2006年07月31日

視力がよくなる方法:ぶた肉を食べる

視力がよくなる食べ物として挙げられるもののひとつにぶた肉があります。

ぶた肉には、視力の低下を防ぐ効果があり、更には眼精疲労の回復を促進してくれるビタミンB1、B2が多く含まれています。

ビタミンB1は、牛肉に比べると約10倍も含まれており、ビタミンB1を補給するにはもってこいの肉類といえますね。

目の筋肉をつくるたんぱく質も豊富に含まれていますので夏の暑い日にはぶた肉で視力の回復以外でも、疲労回復にいいようです。
posted by おやじめだまの at 15:12| Comment(26) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

視力がよくなる方法:うなぎを食べる

うなぎは昔からスタミナのつく食べものとして親しまれています。土用の丑の日があり、夏に食べたりもしますね。そのうなぎには、ビタミンAがたっぷり含まれています。ビタミンAは、目のビタミンと呼ばれる事もあり、視力回復によいとされている¥卵の10倍もの量が含まれています。
眼の疲労回復に役立つビタミンAは不足すると夜盲症を引き起こします。
また、視力の低下を防ぎ、回復を促すビタミンB1、B2や、良質のたんぱく質もたっぷり含まれています。
うなぎの蒲焼を一食分食べる事で、一日に必要なビタミンAが補う事ができます。
posted by おやじめだまの at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

視力がよくなる方法:アイブリーズ

視力をよくするためには、トレーニングや手術もありますが、マッサージジャーによるリラックス効果を得られるアイテムも存在します。
疲れ目に効果があり、リフレッシュするには最適のアイテムといえるのではないでしょうか。

目の周辺には目のヒーリングに適したポイントがあるといわれます。
内側に柔らかな突起ソフトポインターがあり、それぞれのポイントにあたる様にデザイン、設計されています。

メガネのように装着してスイッチを入れるだけなので、わずらわしい操作がないので、気軽に使う事ができます。

ソフトポインターから出力されるマイクロバイブレーションが目のまわり全体に優しい刺激を与えて、3〜5分間で充分です。
それぞれのソフトポインターに、磁石がついており、ヒーリングとリラクゼーションの効果があります。

バイブレーションの強さや、パルス、ウェーブ等の、8種類のバリエーションと自動変化のオートモードがあり、その時の気分に合わせることができます。

最適なトリートメント時間をボタン1つで設定でき、3分と5分を選択する事ができます。

計量設計で、付属のポーチに入れて持ち運ぶ事ができるのもいいですね。

目を休めるという発想も視力を良くする上で必要な項目といえるのではないでしょうか。不同視 弱視について

アイブリーズiBREEZE磁気搭載型 眼精疲労の方へ アイマッサージャー


アイブリーズiBREEZE磁気搭載型 眼精疲労の方へ アイマッサージャー
posted by おやじめだまの at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

視力がよくなる方法:眼育ingBOX

近視は年々増えているといわれています。
小さい子供に限らず、大人にも言えることですが、テレビゲームをする人が増えました。

テレビゲームは、眼の働きを、すごく限定してしまうといわれます。テレビの画面は平面でできています。
平面のものを見続けるということは、目のピントが合った状態で1ヶ所に集まります。そして画面の範囲内で映像を見続けるわけですから、目を動かす範囲がかなり小さくなります。
 
ましてや発達が盛んに行われる子供なんかは、眼が弱っていくのは当たり前です。幼くして近視を進行させる原因となります。

外で遊んだり、運動したり、歩いている時は町の看板を見たり、車に注意したり、目の運動が活発になります。眼のピント調節が何度も行われ、視線の移動も、広い範囲で行なわれます。視力低下の原因は、眼の疲れだけでなく、眼の運動不足も視力低下の大きな原因の一つとしてあげられます。

そんな近視の為に、レーシックのような手術ではなく、目をトレーニングする眼育ingBOXというアイテムがあります。大人も子供も、継続して楽しんでできるような工夫がされています。

トレーニングは、1回約30分の、音楽やリードの入ったCDを聞きながらの、楽しい冒険物語の構成になっています。CDをかけるだけで、子供が自主的に始められるような仕組みです。無理なく継続してできる事で、高い効果が期待できます。近視の進行を食い止め、視力を回復し、再び近視になりにくい強い眼を育てる効果があります。





あるある子育て新常識!! 近視はある習慣で防げる!その極意、『眼育』(めいく)とは?










posted by おやじめだまの at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

視力がよくなる方法:ビタミンAを取る

前の日記で、ブルーベリーを食べると視力が回復するとありますが、食べ物から視力がよくなる成分を摂取できる量はわずかです。普段から食べ物に意識して、バランスよく食べる事、そして継続する事が大事です。

眼は体のパーツで言えばかなり小さいものですが、情報の玄関口として、大変重要な場所です。私たちの周りでは、目を使いすぎる環境にあります。今すぐ目にできる事の一つで食べ物を意識すると言う事があげられます。

健康志向の方が年々増加し、少なからず意識する人も増えています。
目に必要な栄養素は主にたんぱく質・カルシウム・ビタミンといわれます。ビタミンは自分の体の中で作ることができない栄養素なので、例え微量でも目にも体にもいいと言われるビタミンが多く含まれている食物に注目しました。

ビタミンAは比較的暗いところにいる時の眼の働きをよくするといわれたりもします。前の記事にも書いたブルーベリー、牛乳、ブロッコリー、にんじん、うなぎがあげられます。

特にうなぎはやにんじんなどの緑黄色野菜は体内でビタミンになるβカロチンが含まれており、βカロチンは、皮膚や粘膜を強めたり、視力や眼の病気を予防してくれます。その他にはがんの予防の役割も果たすといわれています。
取りすぎはダメです。

やはり冒頭にもある、意識した食生活、普段からバランスよく摂取するというのが、少しずつでも視力がよくなる最短の道になるのではないでしょうか?
posted by おやじめだまの at 12:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

視力がよくなる方法:ブルーベリーを食べる

パソコンやゲームが普及し、仕事でもパソコンの画面を見る時間が増えたという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?日記を書いている本人もパソコンの仕事を始めてから視力が悪くなる一方。こつこつ調べて実践したものを書いていきたいと思います。目がよくなる方法は少しでも知識として多いほうがいいですよね。

まずはブルーベリー。ブルーベリーは、目の保養効果があります。サプリメントやジャムやジュース、ヨーグルトなどその他いろんなものに使われ、健康系番組でもよく取り上げられています。 ブルーベリーは、目の疲れをとり、視力回復に効果がある食物として、日本でも有名ですね。血液をさらさらにし、血管の老化を防いでくれる効果もあるといわれています。

ブルーベリーの濃い青紫色のもとが「アントシアニン色素が目にいい働きをするといわれていますアントシアニン色素はロドプシンを活性化するのに効果を発揮します。ロドプシンは見え方に影響される網膜の光に対する反応度で上下します。このとき網膜の中のロドプシンが重要な役割を果します。

その他にも体によい影響を与えます。抗酸化作用で、肌の老化を遅くする効果もあるそうです。後上記した毛細血管を強くして毛細血管の保護。健康な血液を全身にめぐらせることが可能な為、心臓病、脳溢血、冷え症などの予防にもいいですね。抗潰瘍作用 局所の血行をよくし、粘膜の欠損を埋める働きをします 。 胃や十二指腸や皮膚の潰瘍を修復するよう働きかけます。
posted by おやじめだまの at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。